疲労回復

飲み過ぎた次の日はセサミン摂取

セサミンの特徴的な働きである「抗酸化作用」はダイレクトに肝臓へ働きかけますので、健康的な肝臓を維持するには欠かせません。
お酒を飲み過ぎた時に起こる二日良いを事前に防ぐことができますしお酒で弱った肝臓を元気に取り戻すことができるのです。
アルコールは肝臓で分解しますが、分解と共に活性酸素を発生させますので活性酸素が多く発生することのより細胞をダメージを与えてしまうのです。

セサミンはこの活性酸素を除去する働きがありますので、細胞が傷つくのを守ってくれるのです。
他の栄養素は肝臓に届く前に酸化してしまうことが多い中、セサミンは直接肝臓に届き働きますので肝臓にはセサミンといっても良いくらいに優れているのです。
肝臓が弱っているとアルコールの分解が追いつかず体の中に残ってしまうことで二日酔いは発生しますので、セサミンの働きですばやくアルコール分解を行うことができれば二日酔いも防げるということなのです。

お酒を飲む方には黒ゴマから抽出したセサミンが良いでしょう。
白ゴマと比較すると肝臓への働きが強く大量に発生する酸化を防いでくれる働きが高くなります。
飲み過ぎた翌日にセサミンを摂取することも効果的ですが出来れば、お酒を飲む前にセサミンを摂取するとよいでしょう。
セサミンとepaについての記事も参考にご覧ください。

このページの先頭へ